eスポーツ大会「ファミ通CUP決勝戦」でシャドウバースNo.1がついに決定!初の国際戦も発表!

3月26日、東京秋葉原「ベルサール秋葉原」にて開催されていたeスポーツ大会“Shadowverse Rise of Bahamut~ファミ通CUP2017~”の優勝者がついに決定しました。本大会は一般社団法人e-Sports促進機構が主催するシャドウバースNo.1を決める戦いとして注目を集めていました。
 
 
◆優勝者は「ふぇぐ」選手!
決勝大会は予選を勝ち抜いた8名がクラスの異なる3つのデッキを使用して戦う、BO5のシングルエリミネーション方式トーナメントで競われました。予選ではBO3だったものがBO5になるとのことで、各選手とも使い慣れた2クラスのデッキに加え、最後の1クラスのデッキをどのように駆使して戦うのかも決勝大会の見どころとして注目を集めました。
そんな中でオフライン予選参加者を含めた総勢2200名の頂点に輝いたのは、東日本予選4位通過のふぇぐ選手。ふぇぐ選手は準決勝では土壇場の勝負強さを見せつけ、試合後のインタビューでは「『運命力』を感じた」とのコメントも残しています。注目の決勝では、イベント開始時から親しくしていたSKIRGE選手と相対することとなり、試合後は「実力を知っていたので、勝つことができてうれしいです。」と試合を振り返っています。
 
 
◆初の国際戦の開催が決定!ふぇぐ選手「これからもシャドウバースを盛り上げていければ」
見事賞金400万円を手にしたふぇぐ選手。賞金の使いみちについては「留年費に使います」との切実なコメントも残していましたが、表彰式では「これからもシャドウバースを盛り上げていきます!」と力強いコメントを聞くことができました。
また、この日は株式会社Cygamesの木村唯人プロデューサーも登壇し、シャドウバース初の国際戦である日韓戦の開催が決定していることが発表されました。
こちらは5月21日に行われるこのことで、参加者は招待制となり、本大会の上位入賞者に加え、eスポーツ大会「RAGE」の覇者である「ま」選手も出場権を得るとのこと。大会の詳細は後日発表となるとのことですが、シャドウバーストッププレイヤーによる頂上戦に今から期待が高まります。
 
シャドウバースは3月30日に第4弾カードパック「神々の騒嵐」が実装されることが決まっているため、現在の「バハムート降臨」環境での大会は今回で最後となります。ついに決定したシャドウバースNo.1と新たな環境で開催される日韓戦。続報に期待です。