ロードホッグというヒーローについて その2

初めましての方は初めまして、ご存知の方はこんにちは。
cyclolps osaka athlete gaming overwatch部門所属のBep(@bep_ow)と申します。

前回の記事ではロードホッグについての簡単な説明を行ったので、今回は一歩進んだテクニックや立ち回り等について話していきたいと思います。

どういうときにヒーローを使用するか、ロードホッグの受け持つ役割を3つ紹介します。

1.対ラインハルトの盾割りで高い火力を出す

ロードホッグの右クリックは発射して一定距離進んだ後に拡散します。そして、右クリックの弾丸を全弾当てることができれば最大225という高火力が出ます。
装弾数は4ですが「225×4=900」という計算になり、ラインハルトの盾は2000ですので一人で半分近く削ることができます。ラインハルト対ラインハルトの構図で盾が先に割れてしまった方は確実に不利になります。なので盾を素早く割るという点でロードホッグは活躍できます。盾を割ってしまえばフックもやり放題になりますしね。

2.後衛に飛び込んできた相手から味方を守る

相手にフランカー(移動系のスキルがあり後衛に飛び込むことができる)系のヒーローがいる場合の立ち位置ですが、フランカーの狙うヒーローはメインヒーラー、またはヒットスキャン系(マクリー、ソルジャー等)になります。なので、近くに陣取って守ってあげましょう。
フランカー側からしても飛び込む場所にフックを持っているロードホッグがいるとやりづらいと感じるため、立ち位置を変えるだけでプレッシャーを与えることができます。

3.相手の側面や後方に回り込みフックを狙う

ロードホッグといえばフックという考えがあると思います。そのとおりフックは強力なスキルです。
Hp250以下のヒーローに当て、左クリックをしっかりとぶつけることができればその時点で人数の有利を作ることができます。
このスキルを活かす為に、あらかじめ相手の側面や後方に潜んでおいていざ戦闘が始まる瞬間、もしくは相手が集合しようとして油断している瞬間を狙って、フックを投げてみましょう。
ここで大事なことは自身の場所がバレた際の逃走経路を考えておくことです。成功すればそのまま人数有利での戦闘が行え、失敗した場合でも逃走経路を考えておけば逃げることができます。

例 Map kingsrow
第二ポイント直前で戦闘が起きる際

次の戦闘で勝てば第三を押し切れる際

このようにロードホッグは色々な役割を果たすことができます。味方と相手の構成を見て、何をやればいいのかが分かれば勝ちもグッと近づいてきます。見た目は豪快なヒーローですが、自分は何でもできる器用者だと思っています。
この記事を読んでロードホッグプレイヤーが増えてくれると嬉しいです。

お読みいただき、ありがとうございました。
次回の記事でお会いしましょう。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter