7月3日から9日の日程で開催されるLoLのeスポーツイベント「Rift Rivals」

League of Legends(以下、LoL)のeスポーツイベント「Rift Rivals」が開催されます。「Rift Rivals」は日本を含む全13地域から出場するチームが5つのトーナメントに分かれて参加し、地理的、関係的に近しいライバル達とサモナーズリフトで対戦するイベントです。このイベントは7月3日から7月9日の日程で開催され、日本が出場するトーナメントはベトナムホーチミン市で3日から6日の期間で開催されます。


引用元:League of Legends Japan League

 

◆概要
Riot Gamesは同社の運営・開発する世界的なeスポーツタイトルLoLで「Rift Rivals」の開催を発表しました。「Rift Rivals」は7月3日から9日の期間に全世界で開催されるもので、発表によればライバル関係にある地域同士が栄光をかけて因縁の対決に挑むイベントです。実際に北アメリカvsヨーロッパや、韓国vsLMSvs中国など地理や実力的にライバルと呼ぶに相応しい地域同士のトーナメントが組まれており、全13地域から5つのトーナメントに分かれてイベントが進行します。

「Rift Rivals」では地域ごとに複数のチームがトーナメントに参加し、トーナメントごとに形式が違うものの、同じ地域のチーム同士が対戦することはなく、参加チームは各地域にて行われていた直前のSplitでの成績に応じて選出されています。また日本が参加する東南アジアvs日本vsオセアニアのトーナメントは、ベトナムのホーチミン市にて7月3日から6日の日程で各地域3チームずつが参加して行われます。東南アジアのチームには5月21日まで開催されていたMSIにて、プレイインステージからグループステージまで駒を進めたベトナムのチームGIGABYTE Marinesも含まれており、日本からはDetonatioN FocusMe、Rampage、Unsold Stuff Gamingの3チームが参加します。「Rift Rivals」は各地域のLolesportsで観戦可能とされており、東南アジアvs日本vsオセアニアのトーナメントは日本語での配信も行われる予定です。

■地域組み合わせ
・ブラジル・北ラテンアメリカ・南ラテンアメリカ
・北アメリカ・ヨーロッパ
・CIS・トルコ
・東南アジア・オセアニア・日本
・韓国・LMS・中国
対戦のスケジュールなどについては後日詳細が明かされる予定です。


引用元:League of Legends Japan League

日本から出場する3チームが東南アジアやオセアニアのチームを相手にどこまで戦えるのかというのも気になりますが、北アメリカvsヨーロッパの因縁の対決や、SKTも出場する韓国vsLMSvs中国のトーナメントなど、気になるトーナメントは他にも多く、配信を見るのが忙しくなりそうです。

 

参考サイト
https://jp.lolesports.com/news/get-ready-rift-rivals
http://www.lolesports.com/en_US/msi/msi_2017/standings/elim
https://jp.lolesports.com/news/msi-2017-team-player-profile-2