ビットキャッシュ20thアニバーサリーメッセージ

ビットキャッシュ株式会社は、2017年6月6日をもちまして、決済サービス開始より20年を迎えます。こうして記念すべき節目の年を迎えることができましたのも、たくさんのお客様、加盟店・販売店の皆様のご支援、ご愛顧の賜物と心から感謝しております。

 

当社は、1997年の創業当初から、インターネット決済市場において電子マネー「ビットキャッシュ」を展開し、クレジットカードやインターネットサービスプロバイダの収納代行とは異なった、匿名性の高いコンテンツ決済のサービスを先駆けて提供してまいりました。

 

20年という月日の流れの中、消費者の経済活動は多様化し、ICT(情報通信技術)の進歩とともに様々な決済方法へのニーズの高まりを見せ、我々を取り巻く環境は変化し続けています。特に、近年ではスマートデバイスを活用した新たな決済サービスの普及に加え、モバイル決済サービス、CtoC決済サ―ビスといったFintechの概念が具現化されたサービスが急拡大を見せています。また、日本政府は2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて「キャッシュレス決済」の普及促進を成長戦略の一環として組み込んでいることから、今後、益々クレジットカードやプリペイド電子マネーの市場拡大が加速していくことが見込まれます。

 

このような激動の市場において、我々は新たな一歩を踏み出し、さまざまな取り組みをはじめています。最近では、グローバル展開を見据えた台湾企業との提携や、国内eスポーツ市場の活性化をリードするプロジェクトなど、「オンラインで利用可能な電子マネーサービス」を超えた展開を開始しています。特にeスポーツに関しては、自社アプリやウェブメディアを通じた関連ニュースや大会情報の発信や、ゲームコミュニティの活性化を支援するサービスを提供するなど、ゲーム業界全体の更なる発展に寄与していければと考えております。

 

我々ビットキャッシュは、これからも常にお客様視点で、電子マネーの発行企業としての視点にとどまることなく、当社の提供すべき機能や製品、サービス、技術を考え革新的なアイデアを具現化し、みなさまの生活をより豊かにするためのサービスを創出してまいります。

 

◆20周年記念ロゴ

 

 

20周年を迎える事ができた事に感謝の思いをこめ「20」の中に、

ありがとうの“あ”

Anniveraryの“あ”

BitCashの代名詞でもあるひらがな(ID)の最初の文字の“あ”

を表現しました。

今後、社内外のさまざまなコミュニケーション活動において、使用していきます。

 

 

ビットキャッシュ株式会社
代表取締役社長

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter