eスポーツ界に新たな風!「GALLERIA Gamemaster CUP」開催決定!

2017/03/22

高性能を追求したゲーミングPC「ガレリア」シリーズなどを提供する株式会社サードウェーブデジノスが3月20日、東京六本木のニコファーレにて行われた「GALLERIA Gamemasterファンフェスティバル」において、新たな国内eスポーツ大会である「GALLERIA Gamemaster CUP」の開催を発表しました。
 
 
 
◆国内eスポーツに注力!中国や韓国の盛り上がりを受け
 
サードウェーブデジノスの大浦豊弘氏はイベント冒頭、世界のeスポーツ市場において、日本を含むアジア圏の観客動員数は全体の半数近くを占めており、それらの観客の多くは中国や韓国がになっていることを明らかにしたうえで、これら近隣諸国のeスポーツの「大きなうねり」を日本にも引き入れたいとして、サードウェーブデジノスを中心とした国内のeスポーツ大会「GALLERIA Gamemaster CUP」を開催することを発表しました。本大会の実施時期は6月を予定しているとし、大会ではeスポーツをカジュアルに楽しみたい層に向けた「エントリー部門」と、世界を目指すeスポーツ選手の育成を目的とした本格的な大会である「チャレンジ部門」に分けられることも明らかになりました。
 
◆「チャレンジ部門」優勝者はCS:GOアジア大会に出場!

競技種目については、エントリー部門は異なるジャンルから3タイトルが選ばれ、詳細は5月に発表されるとのことです。チャレンジ部門についてはValve Corpolationが制作・販売を行うオンラインFPSである「Counter-Strike: Global Offensive」(以下、CS:GO)の1タイトルのみとなりますが、なんとこのチャレンジ部門、ZOWIEが主催するCS:GOの大会である「eXTREMESLAND」の日本予選を兼ねており、優勝者はアジア地域を対象とした「eXTREMESLAND Asia」への参加権を得られるとのことだから驚きです。
 
 
 
日本国内のeスポーツ市場はまだまだ発展途上ではありますが、このような大規模な大会が開催されることは、大きな追い風となることでしょう。また、eXTREMELANDのような世界大会への出場切符にもなりえる本大会は、国内のeスポーツ大会として非常に重要な存在になることは間違いなさそうです。今後の最新情報にも目が離せません。
 
  • facebook
  • twitter