国内プロeスポーツチーム「DimensioN Gaming」がKDDIとスポンサー契約を締結!

2017/03/29

携帯電話・通信事業を行うKDDIの「au」は3月24日、国内のプロeスポーツチームである「DimensioN Gaming」とスポンサー契約を締結したことを発表しました。今後の日本国内のeスポーツ業界の活性化の大きな後押しとなることが予想されます。
 
◆KDDIは日本におけるeスポーツ普及の支援を表明。チームCEO「日本eスポーツの歴史の大いなる一歩」!
 
「au」にとってプロeスポーツチームとのスポンサー契約は初の試みとなり、豊かなコミュニケーション社会の発展への取り組みの一環として、今回のスポンサー契約を通じ、日本に於けるeスポーツ普及の支援を表明しています。
またDetonatioN GamingのCEOである梅崎伸幸氏は「日本eスポーツの歴史に大いなる一歩を踏み出すことができました。」とし、「『au』という大きなブランドを背に、日本のトップシーンを走る続けると共に、eスポーツアスリートとしての誇りと自覚を再度認識し、歩みを続ける所存」」であるとのコメントも寄せています。
 
 
 
◆チームユニフォームも2017年春版にリニューアル!
 
DimensioN Gamingはこれまで、世界大会にも出場経験がある日本国内でもトップレベルのプロeスポーツチームとして、FPS、対戦アクションゲーム、格闘ゲーム、オンラインカードゲームなど、幅広い分野で高いブランド力を有してきました。
2015年2月には国内初となる「フルタイム・給与制」を取ることで注目を集め、2016年3月にはチーム所属の外国人選手が日本で初めてプロゲーマーとして「アスリートビザ(興行ビザ基準省令3号)」を取得したことでも話題を集めています。
また、今回のスポンサー契約の締結を受けて、右肩と背中に「au」のロゴがあしらわれた2017年春版チームユニフォームも公開しています。
 
 
 
DimensioN Gamingはこれまでも国内外の様々な大手企業との提携をしてきましたが、今回のスポンサー契約はチームCEOの言葉通り、日本eスポーツの歴史の大きな転換点といえるでしょう。
国内のトップチームと大手企業の強力タッグにより、これからの日本のeスポーツがどのように発展していくのか、注目です。
 
参考サイト